ヴィジット消された過去

ここではある日ジャニュアリーと言う女性が恋人のカラムとバイクに乗り走っている時に突然事故を起こしてしまう事になるのです。

そしてそこでジャニュアリーは頭を強く打ってしまった事から記憶喪失になってしまい更に足も怪我をした事で車いす生活を送る事に、その為ジャニュアリーはカラムと共に実家に帰って来る事になります。

でも記憶をなくしてしまった事から家族に会ってもぴんとこないジャニュアリーそこで両親に聞いたところ6年前に家出をしたきり帰って来ていないと言う事だけ知らされるのです。

でもそれ以上の事は何も教えてもらえずそれで日が経つ事にジャニュアリーは家族に不信感を覚えていくようになっていきます。

その後どうにかして記憶をたどるものを探そうとそしてまず最初にたどり着いたのはピアノです。

何故かピアノを弾いた時だけ小さい頃の記憶が一時的に蘇ってきたのです。

ですが頭に出てくる映像は何なのか全く解らず更に違うものがないかと探しているとある写真にたどり着くのです。

それでそこから徐々におかしい事に気づいていき更に執事のトーマスからある一枚の新聞の紙切れを貰った事からある事実が解る事になっていくのです。

ここからはジャニュアリーにとって恐怖との戦いでしたね、本当解った途端家族の態度が一気に変わっていく様子はとても恐ろしいものがありました。

特にその中でも衝撃的だったのはジャニュアリーが父に襲われ子供が出来てしまうところです。

ここは何とも言葉にならない位酷いシーンでした。

またそんなジャニュアリーをそばで見ていたトーマスはこの状況に耐えられなくなってしまったのか要約新たな真実を明かす事になるのです。

ここはトーマスにとって命がけの事でもありましたね、でもこの勇気とトーマスが見方でいてくれたお陰でその後ジャニュアリーは助かる事が出来たのは本当良かったなと思います。

そしてこの家族の中で唯一優しく見守り何もしなかった母親、これ最初は解らなかったのですが最後に本当の真実が解った時はとても泣けてしまいました。

これはあまりにも悲しすぎる結末だったなと思います