ほうれい線のそもそもの原因は乾燥?

三十歳になった途端、ほうれい線が目立つようになってきました。

頬の肉が重力に逆らえなくなったのでしょうが、若い頃は気にならなかったのに鏡で自分をみるとブルドックのように頬がさがっていることに気づくのです。

そのせいもあるのか分かりませんが口角もさがってきてしまっています。ですからなるべく口角をあげ重力に逆らいほうれい線が目立たないように生活をしているのですが、気を抜くとまた口角がさがってしまうのです。

化粧水や美容液を塗り、自衛できる部分が自衛しているのですがそれでも追いつかずどうしても年々ほうれい線が目立つようになるのです。

自分でいうのもなんですが若い頃はふっくらとした頬が魅力だったのに、ほうれい線でさがってしまっては頬のあった魅力がなくなり、自分のチャームポイントさえ年齢で失われたような気持ちになってしまいます。

これが年齢を重ねることだとは思うのですが、ほうれい線が目立つのはもっと年上になってからだと思っていましたので、まさか三十歳になった途端ほうれい線が気になるようになるとは思っていませんでした。

私は10代の若いころから乾燥肌に悩まされていました。

ただ、スキンケアの知識が乏しく、粉吹き肌の状態になっても放っていました。

最近肌の勉強をし始めてから知ったのですが、乾燥肌はたるみの原因にもなるらしいのです。

つまり、私のほうれい線ももしかしたら根本には乾燥肌を放置したことにに原因があるのかもしれません。

http://d2lzvkg7.exblog.jp/25446127/

今から粉吹き肌の若い私の所に行って、セラミド化粧品を塗りたくりたいです。